eSOMiMX6PLUS  - iMX6 SOM

NXP Logo

eSOMiMX6PLUSは、NXP半導体のi.MX6プロセッサをベースとした、高性能で低消費電力のコンピュータ/システムオンモジュールで、基本的な周辺機器を小型のコンパクトなフォームファクタで提供します。 eSOMiMX6PLUSには、QuadPlus/DualPLus/Quad/Dual/DualLite/Solo Core ARM™を搭載した@ 1 / 1.2GHzのi.MX6プロセッサが搭載されています。 最大4GBまで設定可能なCortex-A9およびDDR3L SDRAM また、ギガビットイーサネットPHY、Wi-Fi / Bluetoothモジュール、eMMCフラッシュなどのオプションの周辺機器ICを搭載し、最大64GBの設定が可能です。 このeSOMiMX6PLUSは、現在、LinuxとAndroidを搭載しています。

eSOMiMX6PLUS System on Moduleは、安定した市販のiMX6モジュールをそのアプリケーションに使用することで、お客様の製品化までの時間を短縮することを目的としています。

eSOMiMX6PLUS 特徴

  • NXPのi.MX6 QuadPlus/DualPLus/Quad/Dual/DualLite/Solo ARM™ Cortex-A9ベースのプロセッサ@ 1 / 1.2GHz /コア
  • オンボード2GB DDR3L RAM(最大4GBまで拡張可能)
  • オンボード8GB eMMC FLASH(最大64GBまで拡張可能)
  • eSOMgears - OTA(Over-the-Air)ファームウェアアップグレードソリューション  new
  • Wi-Fi : 2.4 GHz / 5 GHZ IEEE 802.11 a / b / g / n / ac
  • Bluetooth V4.2 / BLE(デュアルモード/スマートレディ)
  • ギガビットイーサネット(x1) - オプション
  • 電源: 3.3V @ 3A
  • 動作温度
    1. 商用温度 – 0°C to + 70°C
    2. 工業用温度 – -40°C to + 85°C
  • サポートするオペレーティングシステム
    1. Linuxカーネルバージョン4.9.11
    2. Android Marshmallow 6.0.1(Linuxカーネル4.1.15)
  • フォームファクタ70mm×45mm×4.4mm
  • 在庫状況 - 2028年まで

eSOMiMX6PLUSでサポートされるインターフェイス:

  • Camera
    1. MIPI - 4レーンインターフェース
    2. パラレルインタフェース1〜10ビット
    3. パラレルインタフェース2 - 20ビット
  • 表示
    1. HDMI (x1)
    2. LVDS (x2)
    3. LCD - 24bpp RGB (x1)
    4. MIPI-DSI (x1)
  • ネットワーキング
    1. Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
    2. Bluetooth V4.2 / BLE(デュアルモード/スマートレディ)
    3. ギガビットイーサネット(x1) - オプション
  • USB
    1. USB 2.0 Host (x1)
    2. USB 2.0 OTG (x1)
    1. 5 UARTまで
    2. I2C (x3)
    3. SPI (x1)
    4. FLEXCAN (x2)
    5. GPIOs (upto 50)
    6. PCIe Gen 2.0 (x1)
    7. SATA II (x1)
    8. PWM (x3)
    9. SPDIF IN & OUT (x1)
    10. UHS SD (4 bit)(x1)
iMX6 SOM block diagram (eSOMiMX6PLUS)

eSOMiMX6PLUSのブロック図

お問い合わせください sales@e-consystems.com 任意のカスタマイズ.

AnkaaPLUS i.MX6ラピッド開発キット

e-conは、eSOMiMX6PLUS用のRapid開発キットをAnkaaPLUS i.MX6 Developmentキットと呼んでいます。この開発キットは、HDMI、LVDS、USB 2.0ホストのような周辺機器をサポートするeSOMiMX6PLUSモジュールの周りにキャリアボードを備えています。 また、7インチの静電容量式タッチスクリーン、SDIO、SPI、I2C、GPIO、USB高速クライアント、4レーンMIPI /パラレルカメラインターフェイスも備えています。

AnkaaPLUS開発キット Linux / Androidの場合 $349 Linux / Android + LCDディスプレイ $499 Buy AnkaaPLUS i.MX6 Development board Online

出荷手数料を除く

e-con Systemsは、迅速な開発キットの一環として、回路図、ハードウェア・ユーザ・マニュアル、部品表、アプリケーション・ノートを提供し、顧客がカスタム・ボードをより迅速に設計し、

e-con SystemsはLinux / Androidにすべての周辺機器用のデバイスドライバを提供します。

For more information, please visit /jp/iMX6-quad-plus-dual-plus-core-development-board-jp.asp

eSOMiMX6PLUSデータシートをダウンロード:

pdf   i.MX6 SOM (eSOMiMX6PLUS) データシート

eSOMiMX6PLUS SOM発注情報:

eSOMiMX6PLUSは以下の設定でカスタマイズできます.

品番テンプレート: eSOMiMX6PLUS-Cxx-Pxxx-Fxxx-Rxxx-WB-E-Fx-SWxx-IT

x-variantは、以下のeSOMiMX6PLUS Part Number Decoding Table.

eSOMiMX6PLUS-CQP-P1G2-F8G-R2G-WB-EおよびeSOMiMX6PLUS-CDP-P1G-F8G-R2G-WB-Eは、ウェブストア のサンプルに対応しています。その他の構成では、最小注文数量(MOQ)は100です。詳細については、sales@e-consystems.comまでお問い合わせください。

Feature Options P/N code
  CPU   i.MX6 Quad Plus   CQP
  i.MX6 Dual Plus   CDP
  i.MX6 Solo Core   CS
  i.MX6 Dual Lite Core   CDL
  i.MX6 Dual Core   CD
  i.MX6 Quad Core   CQ
  SPEED   800 MHz   P800
  1 GHz   P1G
  1.2 GHz1   P1G2
  DDR SIZE   512MB (Only for Solo Core)   R512
  1 GB   R1G
  2 GB   R2G
  4 GB   R4G
  Storage   eMMC 4GB  F4G
  eMMC 8GB  F8G
  eMMC 16GB  F16G
  eMMC 32GB  F32G
  eMMC 64GB  F64G
  Wi-Fi/BT   Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac and Bluetooth 4.2   WB
  Not Present    -
  Ethernet Port   Gigabit Ethernet   E
  Not Present    -
  Fuse to Boot   Fuse to boot from eMMC   FE
  Fuse to boot from SD   FS
  Not Fused   -
  Firmware version   Firmware version to be loaded into eMMC
(xx – Running number starts from 01)
  SWxx
  Temperature   Industrial2 (-40°C to 85°C)   IT
  Commercial (0°C to 70°C)    -

注1 - 1.2GHzプロセッサを搭載したSOMは、商業用温度グレードのDual PlusおよびQuad Plusでのみ入手可能です。

注2 - WIFI + BTモジュールは-30℃から85℃で動作し、他のすべてのデバイスは-40℃から85℃で動作します

価格

4K Camera Customization

ターゲットとするアプリケーション

»  ポータブルデータ端末

»  ナビゲーション

»  オートインフォテイメント

»  産業制御

»  ワイヤレスストリーミング

»  シングルボードコンピュータ

»  医療画像処理

»  テストと測定

»  リモートデータ収集