S-マウント(M12)カメラ

M12レンズ(またはSマウントレンズ)とは?

M12レンズは、S-マウントレンズ(標準)とも呼ばれます。C/CSマウントのレンズよりも小さく、M12はレンズスレッドの直径が12mmであることを示します。

これらのM12レンズは、ロボット工学、スマートシティ、自動ショッピング、医療機器など、コンパクトなサイズが主要な要件である業界全体の組み込みビジョンアプリケーションで頻繁に使用されるボードレベルカメラ用に設計されています。

M12レンズが組み込みビジョンアプリケーションで使用される理由は?

組み込みビジョンテクノロジーの急速な進化に伴い、よりコンパクトな設計の需要を満たすために、より小さなセンサーサイズとM12マウントのレンズの人気が高まってきています。

M12マウント(S-マウント)レンズは、組み込みビジョンで最も広く使用されているレンズです。C/CSマウントレンズよりも多く使用されています。さらに、S-マウントレンズが普通に入手できるため、製品開発者は手軽にレンズを選ぶことができます。

当社が提供するM12マウントカメラ

当社は、組み込みビジョンアプリケーション向けに、高品質で高性能なS-マウント(M12)カメラを幅広く提供しています。また、レンズの固定と取り付けに関するカスタマイズにより、製品開発者をサポートします。レンズのケラレや色の歪みなどの問題を解消するのに大いに貢献します。