SONYカメラ

Sonyは、センサー技術の革新の最前線に立ち、様々な組み込みビジョンアプリケーション向けに多種多様なセンサーを提供しています。これらには、高解像度センサー、ローリングシャッターおよびグローバルシャッターセンサー、高感度センサーなどが含まれます。Sonyは、Exmor R、Exmor RS、STARVISなど、複数のシリーズのセンサーを用意しており、組み込みカメラアプリケーションにおける高品質の画像処理に対する需要の高まりに対応しています。

組み込みビジョンで18年以上の経験を持つ当社は、STARVISシリーズのセンサーを含む、Sony製センサーを搭載した最先端のカメラソリューションを数多く開発しています。Sonyに対する当社のカメラソリューションは、IMX290、IMX327、IMX462、IMX317、IMX415、IMX485、IMX412、IMX298などのセンサーを採用しています。

Sonyに対する当社のカメラ

Exmor RおよびExmor RSカメラモジュール

Exmorは、Sonyがノイズの低減と画質の向上を目的に開発したセンサー技術です。Sonyの以前のセンサーシリーズと比較して、Exmorのアーキテクチャは、画像データ転送の最初のフェーズでのピクセルデータのデジタル化に重点を置いています。また、CMOSイメージセンサーの各列に内蔵されたアナログ/デジタル信号変換と並行して2段階のノイズリダクションを行う表面照射型構造を採用しています。

Exmor Rシリーズは、感度を大幅に向上させたSonyの次世代センサーです。これらのセンサーは、低照度アプリケーションにより適していました。しかし、Exmor RシリーズのセンサーをさらにアップグレードしたExmor RSは、前世代のNIR感度の低下という課題を克服するために導入されたセンサーです。この追加により、Sonyは無照明および暗視アプリケーション用のセンサーの堅実なポートフォリオを構築しました。

当社は、IMX290、IMX298、IMX327、IMX412、IMX415、IMX462、およびIMX485などのセンサーを採用しており、SonyExmor RおよびExmor RSカメラを幅広く提供しています。当社のSonyカメラモジュールは、産業、小売、農業、スマートシティ、医療部門など、さまざまな市場に最適です。

STARVIS カメラモジュール

ESTARVISは、2000mV/μm2以上の感度を提供するExmor Rファミリーの一連のセンサーです。CMOSイメージセンサー用に開発された裏面照射型ピクセル技術を採用しており、低照度下でも優れた画質を保証します。

Sony STARVISカメラのe-con Systemsポートフォリオには、IMX290、IMX327、IMX462、IMX415、IMX485、IMX412などのセンサーを搭載するソリューションが含まれます。これらのカメラソリューションには、高解像度、優れた低照度性能、高NIR感度などの機能が備わっています。これらの優れたカメラソリューションは、自律移動ロボット、スマート交通管理、スマート監視、ポイントオブケアデバイス、ライフサイエンス機器などのアプリケーションに適しています。