適切なカメラを使用して患者のケアを改善し、
正確で迅速なポイントオブケア診断を実現します

ポイントオブケア(POC)診断は、患者または患者に近い場所に医療検査と診断を提供することにより、今日の医療およびヘルスケアシステムで重要な役割を果たします。 カメラとAIの進歩により、さまざまな種類の癌や多くの固有種を含む、ポイントオブケアデバイスを使用したさまざまな病気の診断が可能になりました。 この高まるニーズに対応するために、e‑con Systemsは、ポイントオブケア検査の有効性を向上させるために、多くのコンパクトで高性能なカメラを開発しました。 e‑conの最先端の組み込みカメラは、ポータブルで高精度で手頃な価格のポイントオブケア診断デバイスの構築に役立ちます。

ポイントオブケア(POC)

異なるポイントオブケア(POC)デバイスのカメラ要件は同じではありません。 高解像度からオートフォーカス、低ノイズまでのe-conのカメラは、ポイントオブケアアプリケーションに最適です。 例としては、眼科(眼底画像、網膜スキャナー)から皮膚科(皮膚分析装置、創傷分析装置)、泌尿器科(尿分析システム)から歯科(口腔癌検出)までがございます。

主要なイメージング要件

Low power consumption

低消費電力

Small form factor

スモールフォームファクタ

Accurate color reproduction

正確な色再現
(ISPの専門知識)

Macro imaging

マクロイメージング

Camera driver availability

カメラドライバーの可用性

High Precision AI-driven POC Device

米国のクライアントが口腔前がん検診用の高精度AI駆動のポイントオブケアデバイスを構築するのをどのように支援したかをご覧ください。

e‑conSystems™が提供するものは

マイクロボードレベルのMIPIカメラから高性能4KUltra-HD USBカメラまで、e‑conの製品ラインには、あらゆる種類のPOCデバイスに必要なあらゆる仕様のカメラがあります。 既製のカメラとは別に、POCデバイスの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされたカメラソリューションも提供致します。 カメラのサポートは、NXP i.MX6、i.MX8、Raspberry PiなどのPOCデバイス用の最も一般的なプロセッサを含む、さまざまなARMベースの組み込みプラットフォームで利用できます。

オートフォーカスと固定焦点の両方のバリエーションが用意されている4KUltra HDカメラを使用して、診断に必要な細部までキャプチャして識別することができます。

また、低ノイズカメラのニーズに対応するために、カラーとモノクロの両方のバリエーションを備えた5MPカメラを提供致します。

e‑con Systemsは、口腔内がんの検出など、デバイスをターゲット領域に近づけるPOCスクリーニングアプリケーションのマクロイメージングのニーズに応えるために、液体レンズを備えたオートフォーカスカメラを提供しております。

医療およびライフサイエンス市場の詳細はこちら

ラボ機器

弊社のカメラは、高フレームレートと高解像度で高品質のビデオと画像をキャプチャすることができ、製品の市場投入までの時間を短縮しながら、デジタル顕微鏡や自動分析器などのアプリケーションに最適です。

眼科

眼科用デバイスには、可視およびNIRスペクトル領域で高効率のグローバルシャッターおよびERSカメラの幅広いラインナップを活用してください。

福祉技術

強力でカスタマイズ可能なカメラソリューションを使用して、ビデオ拡大鏡、投薬ディスペンサーなどのビジョンベースの福祉技術医療機器を強化してください。

歯科

正しい診断のための効率的な歯科用画像処理では、均一な露出が最も重要であることを理解しています。 優れた色再現を備えた当社の高感度カメラは、これらの要件を完全に満たしています。

皮膚科

拡張アルゴリズムを使用して、近距離で優れた色再現と画像の鮮明さを提供するハイエンドカメラで、皮膚科のデジタル画像に対応します。